にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と寝不足

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と寝不足

寝不足は普通に考えてもよくないのですが、にきび(ニキビ)にとっても大敵です。
皮膚は寝ている時間に回復するものです。
特に、22時~2時までの間はお肌再生のゴールデンタイムとも言うべき時間です。

この時間に睡眠をとることはにきび(ニキビ)を治すためにも重要です。

この時間以外に睡眠時間を多くとっても、なぜか効果が出にくいそうで、
昼夜逆転して睡眠をたっぷりとってもあまり効果が出ないそうです。

寝不足だと、効果的な薬でも効果が出にくいともいいます。
にきび(ニキビ)治療は土台をきちんとすることが大事だということでしょう。
寝不足の直接的な問題は、皮膚が油っぽくなることです。
皮膚が油っぽくなれば、もちろん皮脂が毛穴をふさぐ可能性が高くなり、
にきび(ニキビ)ができやすくなります。

また、寝不足は活発な動きをする気になりにくく、
長期化すると運動不足による皮膚の新陳代謝低下や、
メンタルな部分にも影響が出てきます。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.