にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と便秘

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と便秘

便秘はにきび(ニキビ)の大敵で、増えたり悪化したりします。

というのは、何日も便を溜め込んでいると、腸の中では悪玉菌が増えるので、
異常発酵が起きてしまうからです。

異常発酵が有害物質を発生し、皮膚の代謝にも影響を及ぼします。
どのようになるかというと、腸内の状態が悪化すると、
ビタミンやミネラルは吸収されにくくなります。

腸内には毒素がたまるので、新陳代謝が低下します。
毒素を排出するため、体が毒素を血液中に移動させ始めます。
毒素は最終的に、皮膚から排出されるので、皮膚にダメージがおきて、
にきび(ニキビ)や吹き出物の原因になってしまいます。

こうならないため、腸の中を掃除してくれる食物繊維を多めに摂りましょう。
食物繊維は、穀類、豆類、海藻類、野菜、特に根菜に含まれています。
また、日中は水分を多めに取り、運動を心がけましょう。
糖分や脂肪分が多い食事はこの異常発酵が起きやすいのでひかえた方が
いいでしょう。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.