にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と生理

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と生理

生理前になると、にきび(ニキビ)がひどくなる人がいます。
女性ホルモンが皮脂の分泌の鍵を握っているからです。

女性ホルモンの黄体ホルモンは、男性ホルモンに似た働きがあります。

なので、にきび(ニキビ)の原因になる皮脂の分泌を促進させ、角質も厚くなります。

この黄体ホルモンは排卵後から生理直前まで増加して、
にきび(ニキビ)ができやすかったり、増加したりする事が多いようです。

この時期には、お化粧を薄くしたり、洗顔を多くしたり、
食事などにも気を配るといいでしょう。
生理が始まったら、にきび(ニキビ)は減ってきます。
生理中は、皮脂をコントロールするホルモンが減少するので肌の状態はよくなります。
終わると、角質の水分が増えたり、コラーゲンを増やすエストロゲンが多くなります。

肌もうるおい、だんだん綺麗になってきます。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.