にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因とタバコ

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因とタバコ

タバコはビタミンCを破壊します。

一本のタバコを吸うことで25~100mgのビタミンCを消費してしまいます。
成人一人が一日に必要なビタミン量は50mgといいます。

喫煙することで、肌の再生や若々しさを維持するのに必要な分のビタミンを
かなり奪っている可能性が高いです。

また、喫煙はタバコに含まれるニコチンが毛細血管を収縮させるので血行を
悪くします。

また、細胞のDNAを傷つける活性酸素を沢山作り出すのです。

活性酸素を作り出すということは、にきび(ニキビ)の炎症や、
色素沈着も増える可能性が高いです。

「タバコを吸うとご飯はあまりいらなくなる」といいます。
胃の粘膜が荒れ、間接的にビタミンCの消費も増加する可能性があります。
にきび(ニキビ)痕を残さない様にするためにも喫煙量は減らしましょう。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.