にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と乾燥肌

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と乾燥肌

ドライスキンともいいます。
大人のにきび(ニキビ)には多い肌質です。

皮脂の分泌量と水分量のバランスが取れていないので、
お肌が乾燥気味になっている肌です。

角質層に水分がなくなってくると、お肌の生まれ変わりのサイクルが
遅くなってきます。

肌の再生がうまく行われないと、角質は微妙に厚めになってきます。
そうなると、だんだん毛穴が細くなってきます。

ここに、老廃物がたまっていると、
細菌がつきやすくなりにきび(ニキビ)になりやすくなります。
乾燥肌を緩和するには、洗顔しすぎないこと、保湿、を心がけましょう。
環境からの刺激を受けやすいので、しっかりガードを心がけましょう。
ただし、油分のたくさん入っているクリームは厳禁です。
洗顔も刺激の少ないもので洗いましょう。

 

○乾燥肌でにきび(ニキビ)ができるのは

にきび(ニキビ)と多量の皮脂の関係はよく言われます。
ですが、乾燥肌でもにきび(ニキビ)はできるのです。
なぜなのでしょうか。

乾燥肌のにきび(ニキビ)もやはり原因は皮脂づまりです。

ただし、皮脂の量のわりに毛穴が小さかったり、
目詰まりしやすいときに起こります。

皮脂腺が多い場所がにきび(ニキビ)の多い場所と思われがちですが、
実は毛穴が大きければにきび(ニキビ)にはなりません。
排出も早く大量にされるからです。

ですから、どちらかというと、皮脂の少ない部分のほうがにきび(ニキビ)ができやすいのです。

もちろん、大まかな部位としては皮脂腺の多い場所というのは間違いではありません。
ただ、顔なら顔の鼻筋や額より、
あごや頬に出来やすいのは皆さん経験済みなのではないでしょうか。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.