にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と睡眠

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と睡眠

睡眠不足もにきび(ニキビ)の原因になりますが、睡眠のリズムも重要です。

睡眠は1日8時間が目安ですが、
忙しい現代人の生活を考えても、せめて5~6時間は眠りましょう。
また、眠りのリズムも大事です。同じ時間で眠るようにしましょう。

そうしないと、
体もリズムが刻めずにターンオーバーが一定でなくなってしまいます。
睡眠中は、副交感神経が優位になります。
その時間に皮膚がメンテナンスを行います。

きちんとしたリズムで皮膚が再生されないと、
新しい細胞がきちんとできあがらないまま表皮になってしまいます。
そうなると、きちんとした角質層が作られなかったり、
古い角質がはがれにくくなって、にきび(ニキビ)ができやすくなります。

また、お肌のゴールデンタイムといわれる22時~2時まではきちんと眠りましょう。
朝昼逆転した生活をしても、お肌の再生率は低くなるそうです。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.