にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と太陽光線

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と太陽光線

太陽光線は3つに分けることが出来ます。
波長が一番短いのが紫外線で、次が可視光線、一番長いのが赤外線です。

このうち、可視光線はとてもにきび(ニキビ)退治に有効です。

にきび(ニキビ)の原因にアクネ桿菌がありますが、
このアクネ桿菌はポルフィリンという物質を持っています。
そのため、アクネ桿菌に感染しているかこのポルフィリンの量を計ることに
よって判定もします。

このポルフィリン、ある波長の可視光線を浴びると活性酸素を出す特徴があります。

そのため、太陽の光を浴びると、
アクネ桿菌は自滅してしまうという面白いことがおこります。
活性酸素はものを酸化させる事でコラーゲンなどを破壊することもあります。
しかし、白血球は活性酸素を殺菌に使います。

肌トラブルの元でもありますが、よい結果を生み出す面もあるのです。
このメカニズムを利用して、最近では治療器も出ています。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.