にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と紫外線

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と紫外線

紫外線の問題点は最近ではかなり有名になって、
UVケアをする人が多くなってきました。
しみやくすみの原因といわれている紫外線ですが、どんな作用があるのでしょう。

太陽光線のうち、一番短い波長が紫外線です。
紫外線は、UVA波とB波があります。

A波は主に真皮にダメージを与え、
お肌の屋台骨であるコラーゲンやエラスチンを劣化させ、しわを作ります。

B波は、表皮を真赤にすることがあります。
いわゆる日焼けはB波が影響することによって起こるのです。

お肌に紫外線はいいことがないように見えますが、
適度な日光浴はにきび(ニキビ)の予防になるといわれます。

にきび(ニキビ)の原因になるアクネ桿菌のもつポルフィリンという物質は、
日に当たると自分の発生した活性酸素で自滅してしまうのです。

夏の日中の強い光線が出ている時期は汗や皮脂が出てにきび(ニキビ)の原因になりますが、
その時期を避け、適度に日に当たることはおすすめです。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.