にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因とストレス

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因とストレス

にきび(ニキビ)にストレスは禁物といわれますが、なぜでしょうか。
まず、それはストレスが原因で、きびができてしまうからです。
多くの人が、ストレスとにきび(ニキビ)の相関関係を自覚しているそうです。
また、大人にきび(ニキビ)は特にストレスの影響が大だそうです。

次に、ストレスによって抵抗力が落ちてしまいます。
人間が生きていくうえで多少のストレスはいいものだそうです。
ですが、それが重荷になるほどになってくると、健康に影響が出てきます。

特に皮膚はストレスの影響を受けやすい部位で、抵抗力が落ちたり、
角質の代謝が上手くいかなくなったりします。

体の中でもストレスホルモンが過剰に分泌され、
ビタミンB2の働きを抑えてしまいます。
他にも、ストレスの影響として気になって掻いてしまうということもあります。

痒いわけではないのですが、気になると触ってしまったりするので、
結果として炎症が広がり、跡が残りやすくなります。

現代はストレスを感じやすいので、
自分なりのストレス解消法を持つのも重要です。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.