にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)の原因と活性酸素

ナビボタンにきび(ニキビ)の原因と活性酸素

にきび(ニキビ)ととても関係の深いのが活性酸素です。
活性酸素梨では、にきび(ニキビ)はできず、炎症になることもないといいます。
活性酸素とはなんなのでしょうか。

活性酸素とは、酸素の一種で活発に周囲と反応を起こしやすいものです。
にきび(ニキビ)は毛穴が皮脂によってつまり、その皮脂が酸化することで物質が変化して、
にきび(ニキビ)になります。

この酸化を活性酸素がしているのです。
一般的に酸化すると、物質はもろくなったり、壊れやすくなったりします。
毛穴につまった皮脂は、酸化すると周囲の細胞を傷つけたり、
皮膚を再生しにくくしたりします。

これと同じようにアクネ桿菌も酸化する物質を分泌します。
この両方がにきび(ニキビ)の炎症を促進する原因です。
また、この活性酸素はアクネ桿菌の分泌する物質に紫外線が当たっても、
大量に発生します。

copyright©にきび(ニキビ)の原因、ひと口メモAll Rights Reserverd.